お問合わせ・資料請求

LINE

Instagram

Facebook

about Fucia
フューシア

Fucia

通気性と調湿性にこだわった健康住宅の工法です。
気温に合わせて換気口が自動的に開閉し、壁の内部を外気が通り抜け、家の中の湿度と温度を快適に保ちます。

Fuciaの家だからこそ出来ること

期待と不安が膨らむ家づくり・・・。

人それぞれ気になる部分は違うもの

・夏涼しく、冬暖かい家を建てたい
・アレルギー症状が出ないか心配
・家を支える木が丈夫で長持ちする家にしたい
・結露やカビが気になる
・シックハウス症候群が心配

高温多湿の日本では透湿と通気が必須

湿気により起こる結露は、人と家の健康に大きく影響を及ぼします。

・窓結露→カビ発生→ダニ発生→ダニの吸引→喘息など

・壁体内結露→カビ発生→腐敗菌発生→土台の腐れ→シロアリ被害→耐震性能の低下

室内環境を守るのは透湿性

ビニール張りの高気密住宅に住む場合は調湿ができないため、24時間換気システムが必須です。Fuciaの工法ではビニールクロスではなく透湿できる素材を使用するので、透湿と通気によって室内化学物質を減らすことができます。断熱は物体によって遮るのではなく、空気に行ってもらう画期的な工法となります。

在来工法の木材の持つ調湿性を生かす

木は湿気を吸い込んでは吐き出し、湿度が高くなれば吸い調湿しています。通気断熱のFuciaの工法は空気が壁の中を循環するので、木材の調湿能力を生かしながら、さらに機械換気装置に頼らず、独自の通気システムを構築し、まるで家自身が呼吸しているような自然な通気制御を実現しています。

「家の呼吸」

通気性の良さと十分な断熱で1年中快適な室内へ

 

気温に合わせて換気口が自動的に開閉することで、壁内の空気をコントロール。夏、通気口から入った空気は床下のひんやりした空気と混ざって壁の中を上昇します。この自然な空気の流れが太陽光の熱を緩和し、無駄な湿気を一掃します。また、冬は通気口からの冷気を遮断することで室内温度を守ります。壁の中に空気の層ができるので家の中の気密性と断熱性が上がり、冬も暖かく快適に過ごすことができます。

「壁面の呼吸」

潤いを感じられる自然の調和を利用した深呼吸したくなる家

 

伝統的な土壁工法の湿気を通す作用を現代に応用。室内壁の透湿性と2つの通気層で室内の空気環境を最適な状態に保ち、室内で発生する化学物質や生活臭、湿気を効率的に壁から透過し排出します。機会による室内換気をしなくても、室内ホルムアルデヒド濃度を低く抑えることができます。また、余分な湿気も抑えるので結露する心配もありません。結露が発生しなければカビも生まれません。よって室内は常にクリーンな空気で保たれます。

深呼吸したくなる家「春」編

深呼吸したくなる家「夏」編

深呼吸したくなる家「秋」編

深呼吸したくなる家「冬」編

電話する

お問い合わせ

LINEで相談