お問合わせ・資料請求

LINE

NEWS
最新ニュース

2021.01.24

健康住宅の五原則

健康住宅の五原則

弊社は家の提案をするときには「健康住宅の五原則」というものを、常に考えています。

と言いますのは日本の住宅ではメーカー自身が作りやすい家を企画し、コマーシャルなどを通して消費者に浸透させ、
大きな市場を持つに至りましが、残念なことに、家にとって一番大事な「快適性」や「住む人を守る」という事がおろそかにされており、
他の先進国では「ありえないようなデザインと仕様の家」を大量生産してきた結果、
「日本の住宅は20年遅れ」という評価に甘んじています。

それは我々も毎日の忙しさに追われて、ものの本質に気が付かなかったこともありますが、
この度のコロナショックによって家にいる時間が増え「生活の在り方」について、
そして「家の在り方」を再考する地点に立っています。
弊社の提唱する「健康住宅の五原則」は以下のようになります。

その「健康住宅の五原則」とは、
1. 「換気」を1時間に一度のペースで行う。
2. 「湿度調整」を妨げない内装材を採用。
3. 「静電気対策」でシックハウスを抑制。
4. 「遮熱+断熱」を併用して省エネ効果大。
5. 「体感温度」をコントロールして快適に。

これらを高い設計力によって組み立て、
健やかで康らかな住空間をご提案致します。

電話する

お問い合わせ

LINEで相談