お問合わせ・資料請求

LINE

Instagram

Facebook

BLOG
ブログ記事

2022.05.13

床下エアコンで全館空調

最近、床下エアコンてどうなのでしょうか?
というクライアントよりの質疑が続いたため

今回、床下エアコンについて簡単に解説したいと思います。

①通常、第1種換気システムの機械は天井裏に設置するものが多いのですが、弊社で採用している第1種換気システムは天井裏に設置するタイプではなく、床下設置タイプという事。

②そのため床下の基礎の空間を通じてダクトレスで1Fの各所に空気を送り込めること。

③そこに床下の空間に向けてにエアコンの吹き出し口を向けることで、簡易型の全館空調が完成します。

④※ただし居住空間に吹き抜け部分を作り、2Fに夏用の冷房用エアコンを設置する必要があります。
(冷気は上から下にさがるため。)

⑤結果、通常の全館空調の半分以下の初期コストとランニングコストで、快適な空間が出来るという優れものなのです。

⑥注意するポイントとして、断熱と防蟻には
一工夫必要ですが、コスパは最高です。

※因みに大手メーカーの全館空調は15年経過した位から壊れ始めますが。
本体取り換え及び、ダクトクリーニングを併せるとに200万円以上が掛かりますし、年間のメンテナンス契約や電気代を考えると、車1台分の維持費がかかるわけで、
自身が家を建てる場合なら床下エアコンで十分かと思いました。

2022.04.18

キッチンの考えかた

システムキッチンとは

システムキッチンの定義は、ドイツの家具メーカーがこれまでバラバラに置かれていた洗い場、ガスレンジ、作業台を1枚のワークトップで繋げることで、一体化したシステムとしたことがその始まりです。

今ではシステムキッチンは当たり前のものとなりましたが、日本では50年前にクリナップが、ドイツのシステムキッチンをまねたものを制作したのが始まりといわれています。

車同様にキッチンはその国民性を表すといいますか、日本では住宅設備として水道屋さんのカテゴリーになりますが、欧米ではインテリア(嗜好品)的な扱いのため、アメリカでは、カントリー調の物が、欧州では、モダンインテリア的なデザインのものが多いのが特徴ですね。

私は日本のキッチンメーカーではトーヨーキッチンが面白いと思います。普通のキッチンは奥行が650なのに対してトーヨーキッチンは奥行が750あり、シンク部分が大きいのが特徴でう。
実は、これは他社と差別化するためというより、米軍住宅のキッチンをトーヨーキッチンが
収めているためです。(つまり、米軍規格のキッチン)をインテリア調アレンジし直して販売しているのですが、逆にいい味をだしていますね。

もう一つ、オーダーキッチンという選択肢も最近ではよく聞くようになりましたが、
設計事務所などのデザインを売りにした住宅では広島の【松岡製作所】のワークトップに
家具屋さんで作ったキャビネットを組み合わせたものをよく見かけます。

松岡製作所HP:https://www.matsuoka-pro.com/

私なら、家を作ったりリノベするならキッチンは基本この2択ですが、

予算を抑えながらかっこよくというのであれば、キッチンハウスの廉価規格版の【グラフテクト】か写真の永大産業のステンレスキッチンピアサスS-1ユーロモードもいいですね。

2021.01.24

健康住宅の五原則

弊社は家の提案をするときには「健康住宅の五原則」というものを、常に考えています。

と言いますのは日本の住宅ではメーカー自身が作りやすい家を企画し、コマーシャルなどを通して消費者に浸透させ、
大きな市場を持つに至りましが、残念なことに、家にとって一番大事な「快適性」や「住む人を守る」という事がおろそかにされており、
他の先進国では「ありえないようなデザインと仕様の家」を大量生産してきた結果、
「日本の住宅は20年遅れ」という評価に甘んじています。

それは我々も毎日の忙しさに追われて、ものの本質に気が付かなかったこともありますが、
この度のコロナショックによって家にいる時間が増え「生活の在り方」について、
そして「家の在り方」を再考する地点に立っています。
弊社の提唱する「健康住宅の五原則」は以下のようになります。

その「健康住宅の五原則」とは、
1. 「換気」を1時間に一度のペースで行う。
2. 「湿度調整」を妨げない内装材を採用。
3. 「静電気対策」でシックハウスを抑制。
4. 「遮熱+断熱」を併用して省エネ効果大。
5. 「体感温度」をコントロールして快適に。

これらを高い設計力によって組み立て、
健やかで康らかな住空間をご提案致します。

2017.11.19

急増している発達障害について

11月19日に中日新聞に掲載されていました。興味深い記事がありました。そこには急増する発達障害と
ありました。
何故、このような状況になっているのかいろんな仮説があります。
発達障害の原因については様々なことが言われてきており、現在も明確に特定できているわけではありません。

少し前までは、遺伝的な要素が強いといわれましたが、近年の数の増加を考えると、遺伝的な要因だけでは説明できません。

現在の研究によって分かってきたところによると、栄養不足や化学物質が脳の正常な発達を妨げているのではないかということです。

妊娠中のお腹栄養不足という点では、妊娠中や出産後に母体に栄養が不足していると、赤ちゃんの脳にも栄養がいきわたりません。

そのため完全母乳にこだわり過ぎることは、赤ちゃんの栄養不足につながることがあり、場合によっては良くないという意見もあります。

この点で、出産時やその後に低体重の赤ちゃんは、注意が必要といえるかもしれません。

そして、食品添加物や残留農薬、大気汚染などによって体内に取り込まれる化学物質も、赤ちゃんの脳の発達に影響すると言われています。

大気汚染と発達障害に関する研究報告では

妊娠中に汚れた空気を吸うと、発達障害児になるリスクが高まるということが、最新の研究で明らかになりました。

これは米国コロンビア大学小児環境衛生センターが発表したもので、大気汚染物質のPAHを出生前に多く取り込んだであろう子どもは、9才になったときに注意欠陥・多動性障害(ADHD)になる可能性が、それ以外の子の5倍も高かったということです。

この研究は、出生前のPAHと学齢期の子どものADHDの関係を検討した初の研究として注目されています。
ここ数年日本でも騒がれているPM2.5の影響も気になります。

毎日の大気汚染の状況は、環境省の「そらまめ君」というサイトで、チェックすることができます。注意警報の出ているときは、なるべく外出を控えるようにしておきましょう。

そらまめ君URL⇒ http://soramame.taiki.go.jp/

化学物質は、胎児や乳児の体内に活性酸素を発生させ、それが細胞やDNAを傷つけることで細胞分裂にも影響することがあります。

それが脳細胞の発達を妨げる可能性が十分に考えられるわけです。
又、子どもの発達障害と微量化学物質の影響
も捨てきれません。

日常生活の中で完全に化学物質を避けることは不可能ですが、妊娠中や出産後の乳幼児期だけでも、なるべく安全性の高い食べ物を選び、いい水を飲み、空気環境に気を配りましょう。

電話する

お問い合わせ

LINEで相談